2016年4月9日(土)M7.8±0.5(串田地震予報)



みなさまは、2062年からきた男を覚えていますか?
以下のように東日本大震災を示唆し、
津波に備えて「山へ登れ」と教えてくれた人物です。

Q.あなたの時代までにあった歴史に残るような大きな自然災害をいくつか教えてください
A.自然災害に関しては言う事が許されない。人口動態変化に繋がる事は言えないのだ。ただし忠告しておくyあ間N意埜b於レ→山に登れ(2010年11月14日)

八ヶ岳南麓天文台 FM(VHF帯域)電波伝搬モニター観測(串田法)によるPHP新書「地震予報」フォローページより
jisiniki

(2016年4月18日追記)
最新情報では4月29日or5月7日となっています。
やはり「地震だ」→「いや、延期」でしたね。
次が本番かもしれませんので、引き続き警戒しましょう。
私の個人的な推測では、2016年5月26日~27日のG7伊勢志摩サミットを警戒しています。

スポンサーリンク




さらに2062年から来た男は次に、
2016年4月15日へ行っています。
そしてそこでは「どこで問題が起きか」を調査していたようです。

Q.行き先を“2010年11月”という瞬間に選んだのか 意味があるなら教えてください
A.理由は言う事が許されない。しかし、2010年11月だけではない。 今回の任務が完了したら2016年4月15日へ行く。また会えたらいいな。 (2010年11月16日の2ch投稿)

Q.以前の書き込みから、今日まで、 どの時代で何していたんですか?
A.2016年4月だ。どこで問題が起きたか発覚するまで非常に困難だった。(2011/7/23)

つまり、前回は事(東日本大震災)の起こる前に現れ、
今回の4月15日は事が起こった後を調べに来ています。

ですから4月15日前に何かが起こっていることになります。

そんな中、世の中を調べてみると、
「円高」「株安」「ムヒカ来日」「G7広島献花」などで、
大きな事件に繋がりそうなことはありません。

そこで目についたのが、串田氏の地震予報です。
そこには「4月7日深夜までに前兆が終息した場合、4月9日に地震発生」と予測してあります。
4月9日とは4月15日の約一週間前です。

今までも串田氏の地震予報は、
「地震だ」→「いや、延期」→「地震だ」→「いや、延期」を幾度となく繰り返してますから、
今回も「いや、延期」となる可能性大ですが、
今回はちょっと気になりましたのでお伝えしたいと思いました。

地震予想地は高速増殖炉「もんじゅ」の位置です。
運転を中止していても、活断層がズレればナトリウム漏れから火災、爆発もあり得ますし、
被害が広がれば、プルトニウムの拡散もあり得ます。

2062年から来た男は原発事故について以下のように言っています。

Q.今の福島原発事故以外で同じような事故があるのか?
A.残念だが、ある。 (2011年7月24日)

先日の記事「陰謀論の番組は4月1日(エイプリル・フール)に合わせて放送された?」ではジョージア・ガイドストーンについて書きましたが、
そこに日本語はありませんでしたよね。

最後の「全ての日本人は”削減”されるかもしれません」も気になります。
129

これから起こる原発事故がその原因でないことを祈ります。

宇野正美先生は昔から同じことを言い続けています。

「世界の人たちが『助けてくれ~』と、藁をもつかむ状況を奴らは作り出す。そして世界政府が出現し、事態を掌握する。しかし、その世界政府は長くは続かない。長くは続かな~い。」

串田予報もいつかは終息(して地震が発生)するでしょうから、
これからも気を抜かずに勧告し合いましょう。

コメントを残す