雪少なければ干害あり(今年の夏は干ばつ)



「雪少なければ干害あり」
皆さんは、こんな「ことわざ」をご存知でしたでしょうか。
雪の少ない年は水不足となって、凶作になります。

北海道の積雪はまあまあのようですが、
本州は全滅ではないでしょうか。

(独)水資源機構さんも「今年のように雪の少ない年は渇水の発生に注意」と警鐘を鳴らしています。

奈良俣トンネル入口付近(平成27年2月)  奈良俣トンネル入口付近(平成28年2月)
2015  2016

スポンサーリンク




そもそも冬に雪が少ない理由は、
大陸の高気圧(寒気)が日本へ流れてこないためです。
その年の夏には太平洋の高気圧が発達して晴天が続き、
干ばつとなりやすいです。

特に積雪地方では冬の雪が解けて水源となりますから、
余程の降雨でもない限り、凶作は避けられません。

漁業も雪解け水に影響しますから、
今年は食料不足に注意が必要です。
水の買い置きは無駄にはなりませんよ。

水は重たいですから、スーパーで買うのではなく、
玄関まで宅配便に持ってきてもらいましょう。

私はこの「エムズワン 北海道」が一押しです。
キリン、サントリー、コカコーラさんと、
いろいろ試しましたが、一番体が欲しがります。


《2ケースセット》 エムズワン 天然アルカリイオン水 北海道 ナチュラルミネラルウォーター 北海道の水 (2L×6本入)×2ケース

世界に目を向けると、
北朝鮮の緊張、トルコのテロ、難民の行方、シリアでの日本人拘束、
株価暴落、ドル暴落、預金封鎖など、
マイナス方向のニュースばかりです。

ここに食糧危機が起これば、
間違いなくカオス状態となるでしょう。

世界大恐慌の時も農業恐慌は起きました。

その後の日本でも、恐慌のアメリカなどの外国が生糸などを輸入してくれなくなり、
さらに日本ではデフレ政策だったために、
農作物の価格が暴落し、農業恐慌が起こりました。

今回の大恐慌も農業恐慌がセットで起きそうですね。

戦後の食糧難の時、農家は物々交換していました。
ある人は着物、ある人は絵画などの美術品。
その中でも農家が喜んだのは「金(gold)」です。

金をもらえるなら、
農家は喜んで食糧を渡していました。
いつの時代でも金は喜ばれるのです。

その時に備えるのであれば、
200万円もする「500gバー」ではなく、
3万円程度の「5gバー」をたくさん保有していた方が買い物はしやすくなります。

アマゾンでも5gバーを売ってました(笑)。

平日であれば、田中貴金属の直営店「GINZA TANAKA」各店にて、
10:30~16:30で販売しています。

店舗の場合、200万円までは身分証明書の提示は不要ですけど、
5gバーでも住所氏名電話番号を聞かれる(記録される)し、
買うまで面倒ですよ。

記録を残してしまうと、後に住基ネットへ登録されて、
財産管理されてしまうのが心配ですからね。

コメントを残す