預金封鎖に備えて1円玉を保管する



預金封鎖に伴って、
新円切り替えや通貨単位の切り替えが起こった場合、
預金封鎖中に起こることがあります。

それは「ハイパーインフレ」です。

1enndama

スポンサーリンク




 

預金封鎖されている最中にインフレになるのですから、
銀行に預けていたお金は、どんどん無価値になっていきます。
ですから預金封鎖前に対策をしておく必要があります。

その有効な対策とは「金を購入する」ことですが、
「俺は預金などないから金など買えないね」
という方も多数いらっしゃるかと思います。

そういう方でもできる有効な対策があります。
それは「1円玉を保管する」です。

例えば「1円硬貨」をwikipediaで調べると、
「品位:アルミニウム 100%」「量目:1g」とあります。

下のグラフより、
アルミニウムの価格は1kg(1000g)当たり200円ですので、
1gの1円玉1枚はアルミニウムの価値として0.2円ということになります。
非鉄金属のミヤタ さんより
アルミチャート

この1円玉を純金ならぬ純アルミニウムという「鉱物」として保管するのです。

もし「預金封鎖」も「ハイパーインフレ」も起こらなければ、
そのまま1円として使用することができますし、
ATMの硬貨投入口にまとめて200枚(ゆうちょの場合)を、
自動計測して自分の口座に貯金し直すこともできます。

「ハイパーインフレ」が起こった場合は、
1円玉(アルミニウム1g)の価値が、
0.2円から4円程度まで上昇(20倍の場合)しますから、
インフレ率に応じた価値の上昇が見込めます。

このような資産保全も、
貯金箱などで、お手軽に行うことができます。

日ごろから貯めておきましょう。

なお、5円玉とか10円玉は金額に対して、
鉱物としての価値は低いですから、
1円玉が効率的です。
ちなみに、お金の原価(鉱物としての価値+加工費)の参考値は以下の通りです。
(硬貨はその時の鉱物の価格で上下します)
お金の原価
[紙幣] [原価]
・1万円⇒約22.2円
・5千円⇒約20.7円
・2千円⇒約16.2円
・1千円⇒約14.5円

[硬貨] [原価]
・500円⇒約30円
・100円⇒約25円
・50円 ⇒約20円
・10円 ⇒約10円
・5円 ⇒約7円
・1円 ⇒約3円

1円は3.0倍!
5円は1.4倍!
その他は原価割れです。

1円にこそ、価値があります。

1円を笑うものは、1円に泣きますよ。

ホントに。

コメントを残す